トップ  アジング  メバリング  Seabass  パラオでアジング  タックル Setting  マイロッド  マイリール  ルアーData Base 
ライトソルトルアー解説  ロッドメーカー比較  ライン・重り 換算  Wishlist  気ままに書き綴り 

PEの太さ(号数)についてはかなり怪しい。 具体的にはシマノ販売のPE Power Pro
0.6号を150m巻けるRerenium C2000HGSにPower Pro
0.6号(10.4lb)は当然150m巻けるのだがRapalaのラピノヴァXの0.6号(13.9lb)は100m程しか巻けない。
ここで重要なのは明らかに太さが違うことだ。強度は同一号数だとラピノヴァの方が強いのだが、
糸巻量からみればワンランク太い(0.6号なら0.8号)に相当するという感じだ。PEは、フロロやナイロンのような
分子結合でなく撚糸だから簡単に直径が測れない。(日本製では標準化されつつある)
そこでPEの選び方だが強度がどの程度、必要か?
20lb(約9Kg)だったらそれ以上のPEラインを選べばよいとも言えるが、太さによるルアーの飛びや風の影響、
それにPEの表面処理による摩擦係数の違いなどなどがあり、考えればキリがない。
それだけではなく リールのスプールの直径や巻くテクノロジーによるファクターだ。
結局のところ勝手に決めてくださいな という感じなのだ。

それだけじゃなくフロロも問題ありなのだ。一般的なナイロンの1号は0.165mmだ。ではフロロは?
実は普通は
ナイロンより太くて1号の強度(4LB)に合うように太くしている。だからリールの糸巻き量はフロロの方が少ない。
ここでなぜ普通は書いたかというとサンヨーナイロンのフロロはナイロンと同じ
直径なのだ。「メーカーさん統一してよ!」 って言いたいよな。

ラインのスペック
ナイロン糸の目安
号数 0.8号 1号 1.2号 1.5号 2号 2.5号
ポンド(lb.) 3lb 4lb 5lb 6lb 8lb 10lb
強度(kg) 1.4kg 1.8kg 2.3kg 2.7kg 3.6kg 4.5kg
標準直径(mm) 0.148 0.165 0.185 0.205 0.235 0.260
号数 3号 4号 5号 10号 12号 15号
ポンド(lb.) 12lb 16lb 20lb 40lb 50lb 60lb
強度(kg) 5.4kg 7.2kg 9.1kg 18.1kg 22.7kg 27.2kg
標準直径(mm) 0.285 0.330 0.370 0.520 0.570 0.620

Page Top

オモリ標準重量
ナス型・胴
突き・中通しオモリ これは換算式がすごく簡単だ 3.75x号数 200号だと 3.75×200つまり750gだ
号 数 0.3号 0.5号 0.8号 1号 1.5号 2号 3号
重 量(g) 1.125g 1.875g 3.000g 3.750g 5.625g 7.500g 11.25g
号 数 4号 5号 8号 10号 12号 15号 18号
重 量(g) 15.00g 18.75g 30.00g 37.50g 45.00g 56.25g 67.5g
号 数 20号 25号 30号 60号 80号 100号 130号
重 量(g) 75g 94g 113g 225g 300g 375g 488g
ガン玉
号 数 1/2B B 2B 3B 4B 5B 6B
重 量(g) 0.27g 0.55g 0.75g 0.95g 1.20g 1.85g 2.65g
ジンタン
号 数 8号 7号 6号 5号 4号 3号 2号
重 量(g) 0.07g 0.09g 0.12g 0.16g 0.20g 0.25g 0.31g
号 数 1号            
重 量(g) 0.40g            
割りビシ
号 数 極小 小小 大大 特大
重 量(g) 0.20g 0.25g 0.35g 0.8g 1.0g 1.35g 2.35g

Page Top

単位変換
oz / g 変換表
oz 1/48 1/32 1/20 1/16 1/12 3/32 1/8 1/4 1
g 0.59 0.88 1.42 1.77 2.36 2.66 3.54 7.09 28.35
度量衡・単位変換計算

Page Top


トップ  アジング  メバリング  Seabass  パラオでアジング  タックル Setting  マイロッド  マイリール  ルアーData Base 
ライトソルトルアー解説  ロッドメーカー比較  ライン・重り 換算  Wishlist  気ままに書き綴り