Top Ajing Mebaring Seabass Tackle Setting My Rods My Reels Rods,Reels-Wish List Lure Data Base Lure Wish List 
 How to enjoy Light Game  Ajing in Palau Comparing Rod Maker Line & weight conversion Reel Line info Link PW Wishlist 


  1. 基本ジグヘッドリグ 仕掛け(ジグ単)
    • 基本的な仕掛けで、リーダーの先に単にジグヘッドをつけただけの簡単なものだ。
      単にジグヘッドされどジグヘッドというか…この選択は結構大変で色んな主張があり、各メーカーから多種多様に発売されている。波動の大きい物から波動のないもの、釣り方の違うものまで本当に 色々だ。初心者のうちはタダ引きに優れたものがよいが、ある程度なれればアクションに合わせたジグヘッドを使った釣りを試してみよう。
    • 基本的にはメバリングと違ってアジ狙いはフォール(落ちてくる)の釣りが メインとなる。誘い動作からテンションを張った状態で沈める(カーブフォール)という動作を行うのだ。メバリングは引き主体に対してアジングは『フォールの釣り』と言われるゆえんだ。
      また、砂地ではイソメなどを狙って底にいることも多いので、ローギアリールを使って、ボトムバンプでネチネチとした誘いも良い。
      また藻場では藻の中に入るメバルと違いアジは藻の中には入らない。藻場でボトムをとる必要はないのだ。
      釣る場所や時期によって誘い方はまったく異なる。
    • ジグヘッドの重さはAzing(アジング)では比較的、深いレンジを狙うことも多く、2g前後を手始めに 0.6g〜3.5gを目安に変更する。
      ここで大事なのはアジの回遊レンジは地方や季節などによってかなり異なる。場所によっては0.6gで表層中心に狙わなければだめだし、5gのジグヘッドで15mほどの深さを狙うこともある。ただし、軽量ジグヘッドはできるだけ避ける。なぜなら風に弱くキャスティングが難しく距離も出ない。
      そのような時はフロートリグの使用を考えよう。表層のマイクロベイトを演出するには、フロートリグの方が有利なことが多い。
      チェックポイントは以下の通り。

      1. 場所により最適なレンジを探る。
      2. 潮の澄み具合などによってルアーの色を変えてその日の適色を選ぶ
      3. ソフトルアーでダメな時はハード系、特に小型バイブレーションもチェック
      4. 活性の低いときはフライ系も試してみる。
      5. 風が強い時は重めにして、早く巻くか、沈みにくい形状のジグヘッドを選ぶ。
    • 喰いが浅い時やアタリがあっても乗らない時は、ジグヘッドの重さを軽くするのが一般的だが、レンジが合っていないことが結構ある。もちろん喰いが浅い時もあるので、ルアー形状、大きさや色もチェックし、 アミパターンの場合はフライなどもある。またフロートリグの組み合わせで超軽量ジグヘッドも試してみよう。
    • アジと言えども青物の一種で獲物を追いかける。
      メバルと同じ習性ではない。リアクションバイトを考慮しよう!
  2. ロッドの選択
    • アジング ロッドの長さは千差万別な推奨を各メーカーから出ているが初めて使用するのに扱いやすく無難な長さは、ジグヘッド中心であれば、若干短めの6’5″位(2m位)がお勧めだが、ハードルアーやキャロなどでは 7'(2.1m)を超えるものが良い。
      重量は軽いに越したことがないのだが、90g以下の物が各社から発売されておりこの辺りが良いだろう。
    • ティップ(竿先)は、以前にはソリッドは柔らかめでチューブラは固めという定説は崩れつつある。アジング専用ロッドのティップが高弾性ソリッド多いが、 弾性が強ければ良いというものではなく自分で合わせてかけるのが「流行り」であるだけでベテランでも柔らかめの「乗せ調子」も選ばれているのだ。初心者の方は是非、「乗せ調子」の選択をお勧めする。
    • 僕 個人のロッドはタックル Settingのアジング、ライトソルトを参照してほしい。以下はお勧めだ。
    お勧めRod Spec. 度量衡・単位変換計算
    Maker
    Model(tip)
    Action Length
    (m)
    Type Sect.
    (pcs)
    Closed Length”)
    (cm)
    Weight
    (g)
    Top Dia
    (mm)
    Butt Dia
    (mm)
    Lure Min Max
    (g)
    適合ライン PE

    Nyl FC(lb)

    Price Remarks
    アジング
    1 YAMAGA Blanks
    BlueCurrent 74Ⅱ (T)
    LL 2.23 Spining 2 114.0 74 1.2 10.7 0.3~5.0
    0.2~0.5
    1~4
    ¥22,000
    2 Daiwa
    月下美人 AIR AGS AJING 65L-S (S)
    LL 1.96 Spining 2 101.0 56 0.6 8.4 0.5~8.0
    0.6~1.5
    6~16
    ¥41,000
    3 Gamakatu
    Luxe Yoihime Hana S63UL -solid (S)
    UL 1.91 Spining 2 99.5 46 0.7 7.7 0.1~3.0
    0.1~0.3
    0.8~2
  3. リールの選択
    • アジング リールの選択は軽量な物に限る。当然なんだが、 ローターが軽いほどアタリがとりやすい。レスポンスの良さはライトタックルでは必須で 重量は200gを割った物がよいだろう。 200g以下のリールはシーバス用でもかなりあり軽いものでは145g なんて物もある。
    • アジという魚を攻めるには、シーバスやメバルのように引きの釣りが、 メインではなく、リアクション後のフォールが主体の釣りだ。
      大型は結構、底にいることも多い。その時々のパターンを見つけなければ、 釣果に結びつかない。したがってラインメンディングではハイギアのリールが 楽だが、横のリアクションが良い場合などでローギアで良い場面も結構ある。 ハイギアだけが良いわけでもないがもし1つだけ選択するならハイギアがお勧めだ。
    お勧めReel Spec. 度量衡・単位変換計算
    Type Maker
    Model
    Weight
    (g)
    Retrieve/
    Crank
    (cm)
    Drag
    (Kg)
    Gear
    Ratio
    Bearing
    Line Capacity Nylon (LB)
    Line Capacity Fluoro (LB)
    Line Capacity PE(号)
    Price Remarks
    1 Spining Daiwa
    LUVIAS 2004H
    185 75 2.0 5.6 8/1
    3-140 4-100
    0.4-120 0.6-150
    ¥32,000
    2 Spining Daiwa
    Exist FC LT2000S-H
    155 76 5.0 5.8 12/1
    3-150 4-100
    0.4-200 0.6-150
    ¥71,000
    3 Spining Shimano
    Vanquish C2000SHG
    145 82 3.0 6.1 11/1
    3-125 4-100 5-75
    3-110 4-85 5-65
    0.6-150 0.8-110 1-80
    ¥59,000 写真 寸評 クイックレスポンスシリーズ CI4+:ボディ&ローター素材 リジッドサポートドラグ
    4 Spining Shimano
    Stella C2000SHG
    170 82 3.0 6.1 12/1
    3-125 4-100 5-75
    3-110 4-85 5-65
    0.6-200 0.8-150 1-120
    ¥79,800
  4. ラインについて
    • よく使用されるライン
      ラインの種類 比重 伝達係数 伸縮率 視認性 強度/スレ強度 その他
      1. PE 0.97〜1.0 最少 ◎/× 結束難 糸フケ無時、最高感度 最強
      2. フロロカーボン 1.78 △/◎ 低温で硬化。糸ヨレ、巻ぐせ多
      3. エステル 1.35 かなり少 ?/◎ 伸度が少なく要ショックリーダー。
      糸ヨレ、巻ぐせ多く強度は2lb 程度以下
      4. ナイロン 1.14 最大 ◯/◯ 扱いが最も楽
      5. ナノダックス 1.14 ◯/◎ 扱いはナイロンと同等
    • 回遊系のアジ
      これをナメてはいけない。居着きのアジとは違い、さすが、青物の一種と思えるパワーがあり、うちのカミさんはPE 0.2号で切られた経験もある。常夜灯周りの腑抜けとは、かなり違い別物のような感覚だ。 ポッパーに飛びついてくる回遊アジは気持ちがいい! 最低でもPE 0.3号 7lb 以上は必要だ。
    • 個人的なラインの使用
      スピニングタックルでは、PE Armored® F+ Pro の0.2~0.6号でリーダーはナノダックスを太めのものを使用している。これはスレに強く比較的表面が剥げにくい。反面、リーダーとの結束は滑りやすいために難しいがこれは電動の結束機を使うことにより強固に接続が可能だ。
      南の海の元気な25cm程のアジはフロロ 4lbラインを簡単に切るほどパワーがある。
      ベイトタックルではフロロまたはPE(4ブレード)を使用。
    • エステルライン
      なんでこんなヤワなラインを使うのか理解に苦しむ。アジングでアジの20cm以下か元気のない魚しか釣れないところで使っているのだろうか? メアジや尺超えなどでは強度不足も甚だしいし、タケノコメバルでも簡単にラインブレークだ。豆アジ、ちびメバルはリリースしてほしいのだが。
    • リーダーについて
      なんといってもナノダックスがお勧めだ。フロロに比べほんの少し伸びはあるが、ほぼ同等でナイロンの様にゴワつきが少ない。寒冷地では絶対に有利だし、南洋、パラオでもなかなか良い結果を得ている。
    • リーダーなし
      これにはフロロをお勧めする。ナイロンでは伸びが多いのでアタリを取りづらいこともある。若干、ゴワつきが出やすいがジグヘッドを直で結ぶにはこれが最も簡単だ。
  5. フロートリグ
    • 遠投を可能にするのだが、 こちらは何もしなくとも浮く、沈むを選択可能なリグだ。
      一般的にはSS(Slow Sinking)ゆっくり沈む F(Float)浮く等の種類に分類できるが、 オーシャンルーラーの物は重りをフロート内部に入れる事ができて浮力調整が可能だ。
      フロートのデータは、こちら を参照してください。
    • 仕掛けは以下のようなもので針、単体にせずに0.4g程度の重りを装備するか0.4gのジグヘッドを使用する。これはノーシンカーだとライントラブルを起こしやすい。トラブル防止と考えれば良いだろう。また フロートと同じ速度で沈むように調整できる。
      中通しのMフロートなどで沈まないタイプを使用する場合、
      1g~3.4g程度のジグヘッドを浮動式にして漂うような誘いを行って違和感なく喰わせることも可能だ。

Click to enlarge Click to enlarge
一般的なフロートリグ       Tict Mフロート 仕掛け図


Top Ajing Mebaring Seabass Tackle Setting My Rods My Reels Rods,Reels-Wish List Lure Data Base Lure Wish List 
 How to enjoy Light Game  Ajing in Palau Comparing Rod Maker Line & weight conversion Reel Line info Link PW Wishlist