トップ  アジング  メバリング  Seabass  パラオでアジング  タックル Setting  マイロッド  マイリール  ルアーData Base 
ライトソルトルアー解説  ロッドメーカー比較  ライン・重り 換算  Wishlist  気ままに書き綴り 

メアジ
標準サイズのアジ

南洋アジング〜

  1. 基本的な釣り方
    • ジグヘッドリグ(ジグ単)で攻めるのだが地元ではキャロでオモリは重量級のもので遠投し太いリーダー、30Lb以上の物を使ってソフトルアーを使用している。もちろん日本式の物で問題はないと言いたいが・・・・・
      0.3号 PEで23cm程度のアジをかけたら、一応は釣れます。産卵前の最盛期では特に元気でラインブレークも!!
      日本のアジとはパワーが違います。写真のメアジは大物ではなく単なる標準サイズで、この辺のものでPE 0.3でギリギリで標準はPE 0.6号です。エステルは使い物にはなりません。もちろんフロロやナイロンでもNG!!また、メッキというかGTのサイズの小さいもの(我が家では30cm以下は、「ちびメッキ」と呼称)35cm以上も喰ってくる。40数cmでもネットは必要です。
      それだけではなく、コンディションによっては地元の方はおデコでもハードルアーでも喰うことがあり、なんとシーバス用の80mmシンキングミノーで釣れることもあります。夏に産卵があり終了時期で釣れなくなった時、いきなり鉄板バイブのみ喰ってくる事もあるんで何が良いのか判らないときも・・・
  2. ギンガメアジ属
    • ヒットすればドラグを鳴らして楽しい魚種で、身の締まった美味しい刺身やフライになり、まさに釣って良し、食べて良しです。ちなみにパラオではTrevalyすべての種類をSKIP JACKと呼びます。産卵後にかけてはパワーも減り、0.6号で50cmも上げれますが、歯が鋭いので飲まれるとリーダーが切れやすいので太めの使用を心がけましょう。また一般的なシーバスルアーの100mmでは大き過ぎ、20mm〜70mmのハードルアーや40mm程度のソフトルアーがよくヒットします。
      下の写真のカスミアジはEXSENCE サイレントアサシン 80Sに、回収間際でヒットしたもので、釣れた時には目に鮮やかなブルーでした。もちろん持ち帰って美味しく頂きました。ただし、このサイズを超えるものは旨くないです・・・大きすぎるものはリリース。
      パラオのショアから釣れる魚、全てではないけど、このウェブページに書いているんで参考にしてください。

      カスミアジ
      50cm 釣れた時には綺麗なブルーでした!
  3. 我家の主観
  4. リーダー
    • 一般にリーダーの太さはPEなどメインラインと同程度の強さ、例えば7lbラインには 7lbのリーダーを使用しますがメッキなどは口が大きく鋭い犀歯などでリーダーを傷つけられるので太めの20lbリーダーなどを使用するようにすると良いでしょう。 それでもラインブレーク、プッツンもあります。
  5. 注意点・パラオでのお勧め
    • パラオの法律(州により異なる)でライセンスまたはパラオ人の同行が求められます!! たとえ英語が話せても外国人は非常に判りにくくなっています。
      旅行者だと Island Seed Limited に頼ることをお勧めします。 ここの Erik Vereenさんは、日本語がネイティブといっても過言ではなく流暢に日本語を話します。彼は日本の釣り番組にも出演したりしており、彼の身内の ゲストハウスも 空港から15分程度の距離でかなり便利です。

トップ  アジング  メバリング  Seabass  パラオでアジング  タックル Setting  マイロッド  マイリール  ルアーData Base 
ライトソルトルアー解説  ロッドメーカー比較  ライン・重り 換算  Wishlist  気ままに書き綴り